ウォーキングの前に食べるべきものは?

Rose Gardner 28-09-2023
Rose Gardner

ウォーキングは最もシンプルで簡単なエクササイズの一つであり、膨大な量の健康効果をもたらし、生活の質を向上させることができます。正しい食事で健康的な食生活を維持する

ウォーキングの前に食べるべきものを理解し、夜のウォーキングや朝のウォーキングをする人におすすめの食品を知り、この運動のあらゆる効果を日常的に享受しましょう。

パブリシティ後も継続

ウォーキングのメリットは何ですか?

多くの人は、現代社会の設備などの影響で、日常的にほとんど体を動かしていません。 しかし、多くの研究により、軽い運動は定期的に行えば、短期的にも長期的にも多くの利益をもたらすことが分かっています。 ウォーキング、水泳、ダンス、サイクリングなどの有酸素運動です、は、生体の正常な機能を刺激する優れたものです。

ウォーキングは、心臓の健康維持、脳の諸機能の向上、ストレスや不安の軽減に役立つ、健康専門家が強く推奨する運動です。 ウォーキングは毎日、または少なくとも週3回行うことが推奨されています。 少なくとも30分間は快適な歩行ペースを維持するように心がけましょう。ただし、そうでない場合はなんとかなるものなら、少しずつ始めて、数週間かけて時間や強度を上げていきましょう。

  • もっと見る ダイエットのための40のウォーキングのコツ。

この簡単な運動は、以下のような心身の健康に多大な効果をもたらす:

  • 肥満を防ぎ、体重減少を促進します;
  • 血液の循環を良くする;
  • 疲労を軽減し、より良い体調管理を促進します;
  • 循環器系の健康状態を改善する;
  • 不安やストレスの軽減に役立つ;
  • 体の筋肉、特に下半身の筋肉を強化します;
  • 睡眠の質の向上をサポートします;
  • リラクゼーションを促進します;
  • 集中力、集中力、記憶力を向上させます;
  • 骨や関節の損傷や心臓への負担を避け、安全に行える運動です;

座り仕事が多い人でもウォーキングの練習はできますが、健康上の問題があったり、歩くのが困難な場合は、運動する前に医師の指示を仰いでください。

めまい、過度の疲労、心拍数の増加、激しい息切れ、胸の痛み、大量の汗など、歩行中に何らかの症状が現れた場合は、医師の診断を受け、身体的な評価を受けるようにしてください。

パブリシティ後も継続

これからウォーキングを始めたい方は、常に歩きやすい服装と靴で、暑くない時間帯に歩くようにし、日焼け止めを塗って日差しを防ぎ、運動前・中・後に水を飲んで水分補給をし、自分の体力のレベルに合わせて無理のないペースを見つけるなど、ある程度の注意が必要です。

関連項目: パパイヤビタミンのバナナ入り痩せるレシピ5選

ウォーキングの前に何を食べるか?

どの栄養素が健康によくて、どの栄養素が健康に悪いのか、疑問に思う人も多いでしょう。 実は、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを含む完全食が必要です。 しかし、種類によっては健康によいものもあります。 例えば、繊維質を多く含む複合炭水化物は、特に次のような人に適しています。身体活動の実践者。

ウォーキングの効果を得るためには、健康的な食生活が不可欠です。 さらに、ウォーキングの前に何を食べるべきかを知ることは、運動を適切に行う上で、より多くのエネルギーと意欲を確保し、体重減少や筋力強化に役立つこともあります。

早歩きは軽い運動でも危険で、めまいや頭痛、倦怠感などを引き起こし、低血糖を引き起こす可能性があることは指摘しておきたい。

体が活動するためには燃料が必要です。非常に重い食事をすると消化を妨げるという弊害もあるため、ウォーキング前に食事の選び方や何を食べるべきかを知っておくことは基本です。

人それぞれ必要性や許容範囲がありますが、一般的には、体を動かす前に必ず少量の食事をとることをお勧めします。

パブリシティ後も継続

ウォーキングにおすすめの食べ物に加えて、運動前、運動中、運動後に十分な水分補給をすることが大切です。 毎日、体重1kgあたり35mL以上の水分摂取をおすすめします。 運動中は、水筒を近くに置いて、ウォーキング中の水分補給をしましょう。

ウォーキングの前に食べるべきものをご紹介します:

- モーニングウォークを実践されている方

朝起きてすぐのウォーキングが好きな方も多いと思います。 運動する30~40分前に食事を摂ることをおすすめします。 グリセミック指数の低い炭水化物、つまり血液中に糖がゆっくりと放出される食品を摂るようにしましょう。 そうすれば、身体は徐々にエネルギーを受け取ることができ、運動不足解消に役立ちます。運動中のエネルギーと気分を維持する

グリセミック指数が55以下の低糖質は、食物繊維が豊富で腸の働きを良くし、満腹感が長く続きます。 朝食に加えられる低糖質食品は、パンなどの全粒粉食品、全粒粉シリアルやオートミール、ヨーグルト、果物(リンゴ、生梅、桜、洋ナシ)です、アプリコット、メロン)、ピーナッツ、クルミ、ピスタチオなど、さまざまなものがあります。

ウォーキングの後は、運動で消費されたグリコーゲンを補給するために、健康的な炭水化物を含む食事をとることが大切です。 また、ウォーキング後の食事には、筋肉の維持と強化に役立つ卵、七面鳥の胸肉、牛乳、ヨーグルトなどのタンパク質を多く含む食品を含めることが重要です。

パブリシティ後も継続

- ナイトウォーキングを実践している方へ

夜のウォーキングも、日中あまり時間がない人やリラックスしたい人にかなり人気があります。 朝のウォーキングと同様、体を動かす30~40分前に食事をとることが大切です。 でも、夜のウォーキングに行く前に何を食べたらいいのでしょうか?

関連項目: Promensil - Promensilは体重を減らしたり増やしたりするのですか? 何に使うのですか?

この食事には、果物、ナッツ、全粒粉パン、ヨーグルト、野菜や豆類(にんじん、ブロッコリー、なす、きゅうり、レタス、トマト、キャベツ、さつまいも、コートレット)などの低グリセミック指数炭水化物を含む食品、レンズ豆、豆類などを取り入れ、運動中のエネルギーや気分を維持できるようにしましょう。

特に座りっぱなしの生活をしている人は、夕方に炭水化物の多い食事をするのは避けましょう。 軽くても質の良い食事をしましょう。 また、夕食時にたくさん食べるのは避け、散歩に行く前に食べると良いでしょう。 散歩の後は、低グリセミック指数の炭水化物を含む食品とタンパク質食品を追加して、もう一度食事をしてください。筋肉をつけるのに役立つように

- 完食を組み立てる

一般的には、総カロリーの55~60%を炭水化物(できれば複合炭水化物)、20~25%を健康的な脂肪、残りのカロリーをタンパク質(15~25%)で摂ることが推奨されています。

この値は、年齢、性別、筋肉量、運動量によって異なります。 このような場合、ウォーキング前に何を食べるべきかは、いくつかの要素によって異なります。

結論

ウォーキングは、心臓の健康維持、脳の諸機能の向上、ストレスや不安の軽減に役立ち、医療専門家が広く推奨する運動です。

ウォーキングの前に何を食べればよいかをきちんと知っておくことは、これらの効果を得るために役立ちます。体を動かす前には、食事の時間だけでなく、食事の質にも常に気を配ってください。

ウォーキングの前に何を食べればより良い結果が得られるか、すでに考えられましたか? 運動前の食事に取り入れるべき食品は何ですか? 以下にコメントしてください!

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。