妊娠中の食欲不振は正常か?

Rose Gardner 13-06-2023
Rose Gardner

妊娠は、女性の人生において繊細で変化に富んだ特別な時期であり、お腹の中に生命の芽生えを宿しているため、多くの配慮が必要です。

そのため、本人はもちろん、パートナーや家族も、妊娠中のあらゆる兆候や症状に気を配りながら、出産まで順調に過ごすことが必要です。

関連項目: 動的ストレッチと静的ストレッチ - 違い、その内容とコツ パブリシティ後も継続
  • こちらもご覧ください: 妊娠中のアルコールが、子どもの依存症リスクを高める仕組み。

妊娠中の食欲不振は正常ですか?

妊娠中、女性は一連の変化を経験します。ホルモンレベルが一気に上昇し、体の形、重さ、比率が変わり、血液量が増え、体全体が妊婦のニーズだけでなく赤ちゃんのニーズも満たすために一生懸命働くのです、とクリスティンは述べています。ヘンドリクソンです。

この期間を通じて、母親になる人やその家族が注目する症状のひとつに、妊娠中の空腹感のなさがあります。

妊娠中の食欲不振は正常なのか、それとも妊婦さんやお腹の赤ちゃんに何か異常があるサインなのか?

この時期、女性は自分の生体に栄養を与えるだけでなく、子宮の中で形成される新生児にも栄養を与える必要があります。

ヘンドリクソンは、食欲不振は多くの女性にとって妊娠中のいつでも起こりうることであり、これは最初の症状の一つであると述べています。

関連項目: 大豆ミート - 太るのか、痩せるのか? パブリシティ後も継続

生物有機化学の博士によると、妊娠初期には好物だったものが食べられなくなり、食べ物を胃に収めることが難しくなったり、吐き気を催すようなものは食べたくなくなったりする人が多いといいます。

また、妊娠中の女性に起こりうる吐き気や嘔吐は、食べる意欲を減退させる吐き気に加え、食欲不振を引き起こすこともあります。

ヘンドリクソンはさらに、この本の中で次のように報告しています。 産科医に聞けなかったこと (産科医に聞こうとは思わなかったこと)の中で、産科医・婦人科医のレイモンド・ポリアキンは、妊娠第1期によく見られる症状の多くは第2期では再発せず、妊娠第3期になってから再発すると指摘しています。

しかし、妊娠中期になっても、子宮が大腸を圧迫するため、食欲が落ちたり、便秘になったりと、お母さんの消化器官の働きが全般的に鈍くなります。

妊娠3ヶ月になると、大きな赤ちゃんがお母さんの胃を押して容量を減らし、一度に数口以上食べることが難しくなるため、女性はあまり食欲がわかないかもしれないとHendricksonは付け加えました。

また、ヘンドリクソン氏は、妊娠中は消化管の動きが鈍くなるため、お腹がいっぱいになって膨らんだように感じ、腸内ガスに悩まされる女性もいると説明する。

パブリシティ後も継続

彼女によると、ハイディ・マーコフとシャロン・マゼールという著述家にとって 期待するときに期待すること (What to Expect When You're Expecting)によると、妊娠中は胃上部の括約筋(筋肉)が緩み、その結果、胃酸過多が妊娠2~3ヶ月によく見られる問題であることが分かっています。

通常、食事をすると胃酸の不快感が悪化するため、酸欠症状に悩まされないよう、食事をする気にならない女性もいるとHendricksonは付け加えています。

また、肉体的、精神的、感情的、ホルモン的なストレスは、妊婦が食べたくない正当な理由になり得ます。

  • こちらもご覧ください: 妊娠中に体重を増やし過ぎない方法。

では、どうすればいいのでしょうか?

妊娠中の食欲不振は正常であり、妊娠期間によって異なることがわかりました。 しかし、では、どうすればよいのでしょうか? やはり、母親となる人は、自分と赤ちゃんの栄養補給のために、食べないでいることはできません。

まず、妊娠が発覚したときから、常に医師のケアを受けることが基本です。

そのため、妊婦さんが食欲不振の問題に直面した場合、医師に相談すると、原因を特定することができ、空腹感を感じることが少なくても、自分と赤ちゃんに栄養を与えることができる方法を正しく指導することができるのです。

パブリシティ後も継続

なぜなら、女性は食べることを止められないが、自分のため、赤ちゃんのために、無理に食べさせると、食べたものを吐き出してしまい、体調を崩すことがあるからだ。

医学的なアドバイスがあれば、病気にならず、赤ちゃんに栄養を与えない食べ方を知ることができます。

ちなみに、妊娠中から授乳期にかけての食事のあり方については、妊娠初期に医師と相談し、食事の回数、摂取できる食品とできない食品、補強すべき栄養素など、母親となる人の理想的な食生活を明確にしておく必要があることはすでに述べたとおりです。

医師のミリアム・ストッパードは、その著書の中でこう書いています。 受胎・妊娠・出産 (妊娠・出産)には、食欲不振に陥ったときの対処法として、「少量ずつ、こまめに食事をすること」が挙げられています。

これにより、胃が満腹になりすぎるのを防ぎ、吐き気の防止に役立ち、酸の逆流も抑えます。

食欲不振がひどい場合は、不足しないようにビタミンなどのサプリメントを処方することもあります。 ただし、これは医師の判断によるもので、サプリメントといえども自己流はNGです。

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。