ペッパーの食べ過ぎは体に悪い?

Rose Gardner 30-06-2023
Rose Gardner

唐辛子は、料理にスパイシーな風味を与えるだけでなく、生体へのビタミンCの供給、抗菌作用、抗炎症作用、消化の改善、さらにはカロリーや脂肪を燃焼するプロセスの効率を高めるという事実により、ダイエットを助ける代謝促進などの利点に関連しています。

その他、抗酸化作用による抗がん作用、病気や老化の原因となるフリーラジカルとの戦い、胃の保護、心臓の健康、歯や歯茎の保護など、様々な効果があると言われています。 唐辛子の健康・体型維持のための10大効果はこちらでご確認ください。

パブリシティ後も継続

しかし、ペッパーの良い面とはいえ、だからといって大げさに食べていいというわけではありません。

胡椒の食べ過ぎは体に悪い?

過剰なものはすべて体に悪いというのは、もうお聞きになったことがあるのではないでしょうか。

特にソースなどの形で胡椒を過剰に摂取すると、火傷、口や舌の水泡、吐き気、嘔吐、呼吸の変化などの問題を引き起こすことがあります。

2011年にスコットランドのエジンバラで行われた「激辛カレーをどれだけ食べられるか」というコンテストで、息切れ以外に嘔吐、失神、発汗などの症状が出たという。 カレーには唐辛子が入っていることを忘れないように。のレシピを紹介します。

同ページでお伝えしているように、辛いものを食べ過ぎると胸焼けを起こすこともあります。

パブリシティ後も継続

胡椒を食べ過ぎると、どんな気持ちになるのでしょうか?

胡椒の食べ過ぎは、胡椒に慣れていない人には良くない。 では、この食べ過ぎによる代表的な影響を見ていこう。 これらは、大げさに言えば誰にでも起こり得ることだが、先にも述べたように、胡椒を頻繁に食べない人に多く見られる。

  • 胸焼けがする: 食事が終わった直後、胃が焼けるような感覚を覚えることがあります。 胃がこの量のコショウに慣れていないため、この感覚が胃液の逆流となって食道に達することがあります。
  • 消化不良を起こす: 大量の胡椒は、確かに消化不良や倦怠感を引き起こします。 消化が悪くなり、胃が痛くなることもあります。
  • 直腸の灼熱感: 胃や腸を通過した後、コショウの成分の一部が直腸に到達することがあります。 そのため、便を排出するときに灼熱感を感じることがありますが、その後、その感覚はなくなります。 ペッパーを頻繁に摂取すれば、この感覚はなくなるはずです。
  • 皮膚の発疹: 胡椒をよく食べる人でも、皮膚や目への接触には注意が必要です。 強い胡椒を大量に接触させると、皮膚に火傷を負ったり、目にひどい炎症を起こしたりすることがあります。

唐辛子を使った勉強

アメリカのニューメキシコ州立大学の園芸学教授、ポール・ボスランドによると、トウガラシの食べ過ぎは体に悪く、死に至ることもあるそうです。

1980年代に行われた研究で、唐辛子粉を約1.3kg摂取すると、体重60kg強の人が死亡することが確認されたという。

しかし、1.3kgの唐辛子を食べると、副作用が出る可能性があることは知っておく必要があります。

唐辛子は、内服(経口)することにより、下痢や吐き気、胃腸障害を引き起こすことがあります。 唐辛子の抽出物である「? オレオレオシンカプシカム ペッパースプレーに使用される「ペッパースプレー」は、大量に使用すると、痛み、炎症、腫れ、赤みが生じることがあります。

胡椒による炎症は慢性化し、体内の細胞を死滅させる危険性があります。

パブリシティ後も継続

外用すると、赤み、アレルギー、刺激、火傷などが生じることがありますが、通常、数回使用すると消えます。 しかし、外用してもこれらの影響が消えない場合は、使用を中止することが望ましいです。 唐辛子を薬用として使用する場合は、事前に医師に相談し、本当に必要な処置かどうか確認することが必要です。

関連項目: 乳房先端部の過敏症 - その正体と対策は?

カプサイシン

カプサイシンは、唐辛子の有効成分のほか、カイエンペッパーにも含まれていますが、人体の組織に炎症を起こすので、体の粘膜や腸が大きく傷つくことがあります。

また、この物質は胃酸を増加させるので、すでに胃酸過多の人はカプサイシンを含む唐辛子を避ける必要があります。 この唐辛子が目に入らないように十分注意する必要があります。

カプサイシンは、アスピリン、テオフィリン(喘息薬)、血液をサラサラにする薬、ACE阻害剤(高血圧やうっ血性心不全の治療に用いられる薬)など、多くの薬に干渉する可能性もあります。

唐辛子の有効成分に対するアレルギーを発症する可能性は残されています。

ペッパーコーンを使った研究

栄養士のカティア輝美さんは、黒胡椒を頻繁に過剰摂取すると、胃や腸などの臓器を覆う粘膜に刺激を与える可能性があると説明する。

パブリシティ後も継続

また、過剰に摂取すると、胃の灼熱感、吸入時の呼吸困難、皮膚の乾燥などを引き起こすことがある。

また、夏場に摂取すると鼻血が出ることも報告されています。 また、唐辛子は赤みや炎症を引き起こす危険性があるため、目や皮膚に近づけないようにする必要があります。

Pepperは、シクロスポリン(自己免疫疾患や臓器拒絶反応の予防に使用)、コリン作動性薬(筋力低下に関連する問題の治療に使用)、ジゴキシン(鬱血性心不全の場合に使用)などの薬と相互作用する可能性もあります。

関連項目: ピーナツガス?

また、胃炎、潰瘍、憩室炎に罹患している人は、胡椒の摂取を控えるべきであり、妊娠中や授乳中の人も胡椒を控えるべきであると述べています。

しかし、少量であれば、ブラックペッパーが大きな問題を引き起こすことはないと考えられます。

ペッパー摂取のすすめ

食品は新鮮なうちに食べるのが一番健康的です。 ソース、保存食、ゼリー、脱水したピーマンなどは、栄養素、特にビタミンが失われる可能性があります。

この食品の1日の推奨消費量は特にありませんが、そのような繰り返しで誇張しないことが志向されています。 もし、毎日コショウを食べ過ぎると、何らかの弊害が起こる可能性があります。

そのほか、上記で見たように、唐辛子の中には薬との相互作用があるものもあるので、薬の処方を受ける際には、当該薬を服用中の唐辛子の使用について禁忌があるかどうかを医師に聞いてみましょう。

胡椒の過剰摂取が体に悪いと想像したことはありますか? 過剰摂取で嫌な思いをしたことはありますか? 以下、コメントください!

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。