ニンニクの効能~何に使うか、どう使うか

Rose Gardner 28-09-2023
Rose Gardner

目次

免疫力の強化、筋肉量の増加、ニキビの治療など、さまざまな効果が期待できます。 にんにくの効能 と使い方を説明します!

古くから薬用食品として扱われてきたニンニクですが、最近ではダイエットに役立つという研究結果も出ており、ダイエット中の方にも注目されています。

パブリシティ後も継続

100種類以上の活性化合物、ビタミン、ミネラル塩を含むニンニクは、風邪の予防やテストステロンの合成を増加させるなど、健康とフィットネスの両方に多くの効果をもたらします。

その上、カロリーや塩分の量を誇張することなく、レシピに風味を加えることができるのも魅力です。

以下では、にんにくの効能について詳しくご紹介します。 管理栄養士の動画を見るか、記事を読み進めてください。

ニンニクの性質と効果

以下のニンニクの効能をチェックして、今日からもっとニンニクをメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか?

1.除脂肪体重の増加を促進する

ニンニクに含まれる活性化合物(特に)が、研究によって示唆されています。 ジアリルサルファイト - ニンニクのこの特性は、テストステロンの生成を促進する効果に直結しています。

パブリシティ後も継続

2.体重減少を補助する可能性がある

ニンニクはフィットネスの強い味方です。 2011年に発表された研究結果で、" ジャーナル・オブ・ニュートリション 「にんにくを摂取すると、体重と体脂肪率が減少し、体温が上昇することを発見し、にんにくには発熱作用があることを示しました。

3.免疫力を強化する

ニンニクに含まれる硫黄化合物と豊富なビタミンB6が、免疫力を強化します。 ニンニクはつぶすと アリシン などの微生物を排除し、体の防御反応を活性化させるものです。 大腸菌 とのことで、その サルモネラ菌 .

また、学術誌に掲載された研究 セラピーの進歩 は、ニンニクのサプリメントに関連する風邪の数を63%減少させたことを確認しました。

4.性機能を改善する可能性がある

ニンニクには血管拡張作用があり、血管が弛緩することで生殖器への血液の流れが良くなるため、何世紀も前にインドの古代人はすでに媚薬食品、性機能促進剤として使用していました。

5.デトックス(解毒)作用

ニンニクに含まれる高濃度の硫黄化合物は、体内の過剰な重金属による組織の損傷を防ぐ。

また、高血圧や頭痛など、鉛中毒の症状も抑制する効果があることがわかりました。

パブリシティ後も継続

6.身体能力を向上させる可能性がある

ニンニクは血行を良くし(筋肉組織に多くの酸素をもたらす)、運動による疲労感を軽減することが研究により明らかになっています。

7.血糖値のコントロールに役立つ

にんにくを使ったサプリメントが、血糖値のコントロールや糖尿病の予防に有効であることを示唆する研究があります。 そのうちのひとつが、以下の論文で発表されました。 糖尿病学会 に、ニンニクを摂取した患者は循環中のグルコースレベルが低いことを発見しました。

しかし、別の研究では、加熱したニンニクでは、グルコースレベルをコントロールする役割を持つアリシンが破壊されるため、グルコースコントロールにおけるニンニクの効果が発揮されないという結果も出ています。

8.骨の強化に役立つ

亜鉛やマンガンなどのミネラル、ビタミンCやビタミンB6を多く含むニンニクは、骨組織の形成を促進し、カルシウムの吸収に作用する酵素や抗酸化物質の組成に関与するため、骨を強化するための食事に最適な補完食品といえます。

また、ニンニクは、骨の合成と吸収の過程に関与するホルモンであるエストロゲンの産生を高めるため、骨粗鬆症の予防に効果的であると考えられます。

9.ニキビを治す効果がある

2009年に科学雑誌に発表された研究によると アンジワンドケミー アリシンは循環に入るとすぐにフリーラジカルと反応し、ニキビなどの局所的な感染症を引き起こす可能性のある微生物を排除するのを助けます。

パブリシティ後も継続

10.抗酸化作用がある

ニンニクに含まれる抗酸化物質は、体内の過剰なフリーラジカルの副作用であるコラーゲンの分解(ひいては肌の老化を早める)、アルツハイマー、認知症、高血圧、LDLコレステロール値の上昇などさまざまな病気の発症につながる細胞損傷を軽減します。

11.心臓血管の健康状態を改善する可能性がある

ニンニクの血圧抑制効果は、硫化水素(H 2 S)、血管拡張作用があり、血流を増加させ血圧のコントロールに有利なガスであるアリシン、血管の収縮に作用するペプチド(タンパク質)であるアンジオテンシンIIの活性を阻害する作用がある。

さらに、ニンニクは、動脈壁に沈着して一連の心臓合併症を引き起こす「悪玉」コレステロールであるトリグリセリドとLDLのレベルを低減します。 科学的データでは、ニンニクを毎日補充すると、循環中のコレステロールレベルが最大15%低減することが確認されています。

使用方法:ヒントをご覧いただき、ニンニクの効能をお楽しみください!

ニンニクの薬効を生かすには、生か軽く加熱するのが一番です。 60℃以上の高温で調理するとアリシンが破壊され、ニンニクの効果が著しく低下します。

することができます。 サラダにニンニクを振りかける または 焼くだけのレシピに追加する ダイエット中のおかずにも使える、あっさりしたガーリックソースのレシピがいくつかあります。

ニンニクの効能を楽しむもう一つの方法は、シロップにすることです。 ガーリックシロップの作り方や用途をご紹介します。

ガーリックティーの作り方や、週末のバーベキューで愛されるガーリックブレッドなどのレシピも紹介されています。

関連項目: 抗凝固作用のある食品ベスト13

栄養士がニンニクの特性や効果を最大限に引き出すための重要な指針について語るビデオをぜひご覧ください。

関連項目: ブロマゼパムは痩せるのか太るのか?

チップはお気に召しましたか?

出典と追加参考文献
  1. Shin, Jung-Hye, et al. "Short-term heating reduces anti-inflammatory effects of fresh raw garlic extracts on LPS-induced production of NO and pro-inflammatory cytokines by downregulating allicin activity in RAW 264.7 macrophage." Food and Chemical Toxicology 58 (2013): 545-551.
  2. Zhou, Xiao-Feng, Zhen-Shan Ding, and Nai-Bo Liu. "Allium vegetables and risk of prostate cancer: evidence from 132,192 subjects." Asian Pac J Cancer Prev 14 (2013): 4131-4134.
  3. Zeng, Tao, et al. "The activation of HO-1/Nrf-2 contributes to protective effects of diallyl disulfide (DADS) against ethanol-induced oxidative stress." Biochimica et Biophysica Acta (BBA)-General Subjects 1830.10 (2013): 4848-4859.
  4. Myhre, Ronny, et al. "Intakes of garlic and dried fruits are associated with lower risk of spontaneous preterm delivery." The Journal of nutrition 143.7 (2013): 1100-1108.
  5. Seo, Dae Yun, et al. "Independent beneficial effects of aged garlic extract intake with regular exercise on cardiovascular risk in postmenopausal women." Nutrition research and practice 6.3 (2012): 226-231.
  6. Lee, Mak-Soon, et al. "Reduction of body weight by dietary garlic is associated with increase in uncoupling protein mRNA expression and activation of AMP-activated protein kinase in diet-induced obese mouse." The Journal of nutrition 141.11 (2011): 1947-1953.
  7. Mozaffari-Khosravi, Hassan, et al. "The Effect of Garlic Tablet on Pro-inflammatory Cytokines in Postmenopausal Osteoporotic Women: A Randomized Controlled Clinical Trial." Journal of dietary supplements 9.4 (2012): 262-271.
  8. 大井百合子、他 "高タンパク食を与えたラットにおいて、ニンニク補給は精巣テストステロンを増加させ、血漿コルチコステロンを減少させる。" The Journal of nutrition 131.8 (2001): 2150-2156.
  9. Kianoush, Sina, et al. "Comparison of Therapeutic Effects of Garlic and d-Penicillamine in Patients with Chronic Occupational Lead Poisoning." Basic & clinical pharmacology & toxicology 110.5 (2012): 476-481.
  10. Verma, S. K., et al. "Short Communication Effect of Garlic (Allium sativum) Oil on Exercise Tolerance in Patients with Coronary Artery Disease." Indian J Physiol Pharmacol 49.1 (2005): 115-118.

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。