クレンブテロールは痩せる? その正体、副作用、飲み方について

Rose Gardner 28-09-2023
Rose Gardner

クレンブテロールは、もともと喘息や呼吸器系の合併症の治療薬として使用されていましたが、現在では主にスリム化作用で知られています。

そのため、多くのボディビルダーが「カッティング」の段階で脂肪を燃焼させ、筋肉量と定義を増やすために使用するようになりました。 しかし、クレンブテロールは本当に体重を減らすことができますか?

パブリシティ後も継続

以下では、その疑問にお答えするとともに、この薬がどのように作用し、どのような副作用があるのかについて、より理解を深めていきます。

クレンブテロールとは?

クレムブテロールは、呼吸器系症状の治療に用いられる薬で、充血除去や気管支拡張に働き、呼吸を楽にする効果があります。

また、熱発生作用やカロリー消費量の増加により体重減少を誘導することができる、すなわち食欲不振物質とされています。

しかし、この薬が引き起こす可能性のある副作用のため、体重減少を目的とした使用は指示されていません。

関連項目: ストレートスーパイン-やり方とよくある失敗例

どのような仕組みになっているのでしょうか?

クレンブテロールは、β2受容体アゴニストとして作用する中枢神経系(CNS)刺激薬であり、アドレナリン様構造を有しています。

パブリシティ後も継続

この中枢神経系への刺激により体温が上昇し、代謝が向上することで結果的に体重が減少するのです。

これは、細胞が刺激を受けて、通常よりもはるかに多くのエネルギーを生産・放出するため、そのために体脂肪を使用する必要があるためです。

クレンブテロールは本当に痩せるのか?

クレンブテロールは、代謝を促進し、脂肪をエネルギーとして利用できるようにするため、体重を減らすことができます。 このように、この薬は、体重減少と測定値の減少の両方を引き起こすに終わる。

しかし、副作用は非常に危険であり、健康へのリスクはフィットネスへの利益を補うものではありません。 したがって、健康的な減量に最も適した薬剤はどれかを知るために、医師のアドバイスを受けることをお勧めします。

  • こちらもご覧ください : 減量用医薬品の服用による6つの危険性

クレンブテロールの副作用

クレンブテロールは、その使用に伴う多くの副作用のため、いくつかの国で使用が禁止されています。 Substance Abuse(薬物乱用 .

関連項目: 子供のための楽しくてヘルシーなレシピ10選

また、体温を過度に上昇させるため、心臓疾患のリスクが高くなると言われています。

パブリシティ後も継続

その他、クレンブテロールの副作用は以下の通りです:

  • カリウムやタウリンが減少し、脱水症状やけいれんの原因になります;
  • 焦燥感や緊張感がある;
  • 心拍を加速させる;
  • トレマーズ(Tremors);
  • 甲状腺機能亢進症です;
  • 不眠症です;
  • 頭痛がする;
  • 汗をかくこと。

長期的な健康影響については、まだ十分に解明されていません。

購入先

ブラジルでは、欧米と同様、クレンブテロールはヒトおよびヒトを対象とした動物への使用が禁止されているため、動物用(馬用)としてはジェル状のものしか合法的に見つけることができません。

痩せるためにクレンブテロールを飲むべき?

クレンブテロールは減量効果が証明されていますが、副作用も多く、心臓にとって非常に危険な薬となります。

さらに、ブラジルをはじめ、いくつかの国では、その危険性が可能な利益を上回ると判断されたため、人間への摂取が禁止されています。

したがって、減量が必要な場合は、医師や栄養士を探し、食事の再教育を行うための最善の方法を指導してもらい、必要に応じて、健康上のリスクがそれほど高くない別の薬を処方してもらうことがヒントとなります。

パブリシティ後も継続
出典と追加参考文献
  • 薬物乱用-減量およびボディビルのためのクレンブテロールの誤用および乱用による有害事象の記述的研究
  • クレンブテロールとプロプラノロールの筋肉量に対する影響 クレンブテロールが筋肉のβアドレナリン受容体を刺激して肥大を誘導することの証拠。
  • クレンブテロールによる筋成長の促進:筋タンパク質の生合成への影響の欠如。
  • マルティンCA βアドレナリン受容体アゴニストであるクレンブテロールは、整形外科患者の相対的な筋力を増加させます。 クリンスカイ(ロンド) . (1993).
  • β-アドレナリン作動薬と骨格筋の肥大化。 ライフサイ . (1992).
  • カマラッカンナンG 慢性心不全患者において、クレンブテロールは除脂肪体重を増加させるが、持久力は増加させない。 J Heart Lung Transplant . (2008)

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。