減量におけるインスリンとグルカゴン

Rose Gardner 10-07-2023
Rose Gardner

インスリンとグルカゴンという2つのホルモンは、膵臓で作られる糖のレベルと血流の循環に直接干渉します。は、ダイエットを目指す人にとって基本中の基本です。

この2つのホルモンについて詳しく知り、ダイエットに役立てましょう。 インスリンとグルカゴンは、体の恒常性を維持するために協力して働いています。

パブリシティ後も継続

インスリン

インスリンの使用は、糖尿病の治療や高い血糖値との共存を必要とする人々にとって一般的です。 インスリン使用者が依存症になる可能性があるという主張はいくつかありますが、これは記載されている間違いの一つです。 複数の薬を使用している患者の場合、膵臓への影響に注意を払う必要があり、その影響によりインスリンの使用を遵守することで、カロリーがエネルギーとして使われるようになり、これを運動の主なエネルギー源とすることができます。

関連項目: リポカットXハースは良いのか? 効き目、副作用、飲み方について

体重増加は不可能ではありません。サプリメントや薬の使用と同様に、インスリンの効果は食事療法と食生活の再教育を取り入れることで初めて発揮されます。 すべての健康習慣のバランスをとり、インスリンとグルカゴンを過不足なく使うことで、体重減少を効果的に、健康にすることができます。

低血糖症(Hypoglycaemia

低血糖症例の主な原因となっているため、絶食時や、コントロールされていない栄養不足の食事では、インスリンの使用を避けることが推奨されています。

インスリンを使用すると、血液中の糖分が低下しますが、使用期間や使用量に注意することが大切です。 過剰に使用すると、糖分の低下が抑制されず、最終的に低血糖を引き起こすことがあります。

過剰なインスリンは原因となります:

パブリシティ後も継続
  • 脂肪を蓄える;
  • 脂肪をエネルギーとして利用する過程の減少;
  • イライラ、疲労感、空腹感が増す。

グルカゴン

インスリンと同様に膵臓の細胞で作られるホルモンですが、その作用は逆です。 このホルモンの分泌を促すのは、主にタンパク質です。

ダイエット中は、パンやお菓子、パスタなど、単純な炭水化物の摂取を控える必要があります。 血中のインスリン濃度が高くなると、脂肪の燃焼が抑えられ、エネルギー源として使われないからです。

グルカゴンは血糖値の上昇をもたらし、体内でグルカゴンが生成されると、目的が異なるため、インスリンの分泌を停止します。 この時点で、体は脂肪の蓄積を止め、さらに燃焼します。

グルカゴンは、タンパク質制限のある人の食事に積極的に作用し、低血糖のケースを回避することができます。

このホルモンは肝臓の働きに影響を与え、グリコーゲンの分解を促進し、肝臓でエネルギー源として使われるブドウ糖を減らします。 脂肪組織からの脂肪酸の輸送が増加し、肝臓や筋肉そのものへのブドウ糖の使用を減らすことができるのです。

空腹時のグルカゴンの分泌は、効率的な減量のために活発に保たれなければならない代謝に直接影響します。 このホルモンの分泌を空腹時に追求すれば、糖質代謝のための肝グリコーゲンの分解を最適化し、さらにタンパク質代謝のためのグルコネシン生成を増大させることができます。

パブリシティ後も継続

グルカゴンは、緊急時には筋肉注射で投与することができます。 血流に触れることで、より早く効果を発揮することができます。

プロテイン

インスリンやグルカゴンの分泌を助けるとされるタンパク質を多く含む食品を食事計画に取り入れましょう。

インスリンの分泌を抑える効果のある食品

  • オーツ麦です;
  • ホールミールパンです;
  • ミルクです;
  • 豆類とほとんどの野菜。

炭水化物摂取のバランス

ご存知のように、摂取した炭水化物は血液中で糖に変化しますよね。 ですから、すべての食事を振り返ることが大切です。 インスリンやグルカゴンの使用を取り入れても、炭水化物の多い食事を選び続ければ、望むホメオスタシスは得られないでしょう。

伴奏を求める

インスリンやグルカゴンの分泌は食事で促進できますが、サプリメントで作用を強めたい場合は、医師の診断を受けることをお勧めします。 医師があなたの不耐性や体の機能を把握し、後で副作用が出ないように、より良い使用方法を示してくれることが不可欠です。

関連項目: 妊婦はスクワットができますか?

定期的な運動

痩せようとする人は、毎日の消費カロリーを増やすことを意識する必要があります。 摂取量を認識し、1日の消費カロリーよりも多くのカロリーを消費する運動を求めることが重要です。 運動を実践することは、規則的でできれば毎日、生体に働きかけるようにする必要があります。対策の軽減と不快な局所的な脂肪の燃焼を目指します。

パブリシティ後も継続

インスリンとグルカゴンを使うだけで、減量プロセスが単純になるわけではありません。これは結果を最適化するためのサポートに過ぎませんが、このプロセスの効率性は、本当の健康習慣を取り入れた後に初めて認識できるものなのです。

HIIT

短時間で高い強度で行う運動は、インスリンの分泌を抑えるのに役立ちます。 最近広く使われている強度インターバルトレーニングのHIITは、その効果を発揮することができます。

高強度のショットとサイクルを目指し、短い回復時間を確保しながら、これらの「ショット」中にできる限りの力を発揮します。 このエクササイズでは、血液中のブドウ糖を取り除き、筋肉細胞に取り込ませて主なエネルギー源として使用します。 このインスリン輸送により、膵臓はは、インスリンの分泌が少なくなります。

高強度の運動は、グルカゴンの放出を積極的に刺激するアドレナリンの生成とレベル上昇に効果的である。

禁忌事項

インスリンとグルカゴンの使用に明確な禁忌はありませんが、使用方法や反応について疑問がある場合は、必ずアドバイスを受けることが重要です。

インスリンとグルカゴンを使用する必要があったことがあり、それによって体重に何らかの変化がありましたか? このプロセスはどうでしたか? 以下にコメントしてください!

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。