甲状腺の薬で痩せるのか?

Rose Gardner 28-09-2023
Rose Gardner

甲状腺機能低下症のレメディは、この病気と闘うのに効率が良いため、ブラジルで広く使われています。 さらに、明らかに減量に引き起こす可能性のある結果のため、多くの人がスリム化すると信じています。 甲状腺の役割、甲状腺薬がスリム化するか、このレメディで必要なケアを探ります。

まず第一に、甲状腺とは何か、どんな問題があるのかを正しく理解すること、そして甲状腺検査を受けて、自分の結果がどんなもので、どんな意味があるのかを正確に理解することが、これに関する決定をする前にとても重要です。

パブリシティ後も継続

甲状腺

甲状腺は人体で最も重要な腺の一つで、首筋に位置し、成長、タンパク質の生産、代謝の速度など、さまざまな生理的側面を調整する一連のホルモンを生産する役割を担っています。

関連項目: 柿のカロリー-種類と食べ方とコツ

甲状腺の機能低下には、ホルモンの分泌量が少ない甲状腺機能低下症(約80%に多い)と、ホルモンの分泌量が多すぎる甲状腺機能亢進症があります。 いずれの場合も、甲状腺が調節する機能のバランスが崩れ、好ましくない状態となります。

甲状腺の病気には、甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症がありますが、この2つの症状を知っておくことで、自分が甲状腺機能低下症に該当するかどうかを知ることができます。

また、甲状腺の病気は、甲状腺結節など、思っているより少し悪い場合もあるので、症状がある場合は、受診する必要があることも知っておくことが大切です。

甲状腺と体重の関係とは?

甲状腺から分泌されるホルモンは、新陳代謝のスピードなどを調節しているため、甲状腺の活動と体重の増減には間接的な関係があることが推測されます。

パブリシティ後も継続

甲状腺のホルモン分泌が過剰になると(甲状腺機能亢進症)、代謝が速くなる傾向があり、代謝が速くなるとエネルギー消費量が増え、結果的に体重が減少することになります。

一方、甲状腺のホルモンの分泌が少なくなると(甲状腺機能低下症)、代謝が悪くなる傾向があります。 代謝が悪くなると、体が消費するエネルギーが少なくなるので、太りやすくなるのです。

また、体重の変化にも注意が必要です。原因を特定することは困難ですが、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症の症状の可能性があります。

同じように、有名な甲状腺ダイエットは本当に痩せるのか、どのような効果があるのか、調べてみてはいかがでしょうか?

関連項目: 9 コリンの効能-何に良いのか、食品は?

甲状腺剤を飲むとスリムになるのか?

甲状腺の働きは確かに体重に関係しますが、甲状腺の薬を飲むと本当にスリムになるのでしょうか?

甲状腺機能低下症の患者さんは、ホルモンが不足することでさまざまな症状が現れ、体重も増加します。 このような患者さんには、治療としてT4ホルモンの合成品(ブラジルで広く販売されているPuran T4など)を摂取していただきます。 適量摂取により、ホルモンが調節する機能(代謝速度など)は元に戻っていきます。正常動作です。

パブリシティ後も継続

甲状腺が正常に機能している人が合成ホルモンを摂取すると、ホルモン過多、つまり甲状腺機能亢進症が誘発されます。 このように、代謝を促進することで体重を減らしやすくしようとする人が多くいます。

しかし、この検索は効果的ではありません。

甲状腺と代謝の関係から、多くの専門家が肥満と甲状腺機能低下症を誤って結びつけていますが、実際にはこれらの現象は独立していることが多いのです。

甲状腺の薬を飲むと痩せるというのは、いろいろな要因があってのことで、甲状腺の薬を飲めば必ず痩せるというものではありません。

短期的な効果しかない

T4ホルモンの服用による代謝の促進は、短期的にしか効果がありません。 減量は、ホルモンを大量に服用した場合にのみ可能で、ホルモンが不安定になり、中期的には痩身効果がなくなります。 ホルモンレベルが正常に戻ると、一般に、減量した体重はすべて回復します。

副作用について

T4という合成ホルモンの服用によって短期的に得られる体重減少は、実は誘発された病気なのです。 この方法で体重を減らすには、自分自身に甲状腺機能亢進症を起こさせる必要があるのです。

パブリシティ後も継続

甲状腺機能亢進症の症状である頻脈、不安、緊張、疲労、睡眠障害、脱毛など、甲状腺薬物療法は、体重減少に効果がないばかりか、さまざまな代謝異常の原因となります。

また、運動をしている人には特に有害で、合成ホルモンT4の摂取による体重減少は、実は筋肉量の減少であることが多く、脂肪を落とそうとするあまり、除脂肪体重だけを落としてしまう人が少なくありません。

これらの有害な結果に加え、ホルモンの過剰摂取が心停止による死亡につながるという重大なリスクがあります。

甲状腺のバランス

体重を減らす最善の方法は、バランスのとれた食事と定期的な運動の組み合わせによって、バランスのとれた代謝を実現することです。 甲状腺が代謝を調節しているとすれば、理想的な体重を実現する最善の戦略は、ホルモンのレベルが高くなり過ぎないことですがを適正なレベルに保つ。

甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症で内分泌専門医の診断を受けている場合を除き、甲状腺の活動を刺激する食品を適度に摂取することでバランスを保つことができます。 カルシウムやヨウ素、そしてビタミンDを多く含む食品、牛乳、海水魚、卵黄などがよいでしょう。

甲状腺の薬でスリムになると思っている人をたくさん知っていますか? 彼らは何を報告していますか、また、重大な副作用を知っていますか? 以下にコメントしてください!

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。