ブラックペッパーは体に悪いのですか?

Rose Gardner 25-07-2023
Rose Gardner

アメリカ大陸を中心に世界中で使われているスパイスで、主にブラジル、インド、スリランカなどで栽培され、どんなレシピにも合う調味料です。

黒胡椒は、その特徴的な味に加えて、インフルエンザや咳の症状の緩和、肌荒れの治療、消化器官の改善、ダイエット計画への貢献など、健康に良いことで知られています。 しかし、黒胡椒の副作用についても多く語られています。

パブリシティ後も継続

ここでは、黒胡椒が体に悪いのかどうかを、その効果や体への悪影響をすべて分析することで明らかにします。

ペッパーコーンズ

ブラックペッパーは、ピメンタ・プレタとも呼ばれ、植物の果実や穀物です。 ニガウリパイパー のものである。 ピペラ科 薬効があることはもちろん、調味料としてさまざまなレシピに使われることでも知られ、特にブラジル料理でよく使われています。

熱帯気候で一年中栽培できる植物なので、そこから抽出したスパイスは一年中制限なく使用でき、アメリカ大陸や気候の良い国で多く見られます。

種子に含まれる酵素の働きで、完全に縮んで黒くなるまで日光に当てます。 完全に乾燥した後、この種子を挽いて黒胡椒の実を得ることができるのです。

黒胡椒には、抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用など、健康に役立つ栄養素がたくさん含まれています。 その細菌作用は、食品の保存などに利用することができます。

パブリシティ後も継続

黒胡椒の主成分はピペリンという化学物質で、スパイスの特徴的な風味の元になっています。

ニュートリション

マンガン、カルシウム、リン、マグネシウム、銅、鉄、カリウム、リボフラビン(ビタミンB2)、ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンKなど、体の維持に欠かせないミネラルやビタミンの供給源です。

また、黒胡椒は食物繊維を多く含み、タンパク質や炭水化物などの多量栄養素を多く含み、脂質はほぼゼロです。

小さじ1杯の黒胡椒のカロリーは6kcal、食物繊維は0.6gと、1日の推奨摂取量の3%を摂取できます。

また、小さじ1杯のブラックペッパーには、筋肉の健康や血液凝固の維持に不可欠なビタミンKが約3.8マイクログラム(1日の推奨量の3%)、鉄、カリウム、ビタミンAも相当量含まれています。

ブラックペッパーは体に悪いのですか?

黒胡椒が健康に悪いとは言い切れませんが、使用することで好ましくない副作用が出ることがあります。

パブリシティ後も継続

ブラジル人の多くは、料理の味付けを大げさにしたがりますが、特に黒胡椒の場合、健康を害する恐れがあります。 なぜなら、大量に使用すると、黒胡椒は有害になる可能性があるからです。

黒胡椒は適度に使用しないと、以下のような副作用を引き起こす可能性があります:

  • 呼吸器系の問題: 黒胡椒の過剰摂取は、まず、気道を塞いでしまい、呼吸器系を悪くしたり、酸素の補給がしにくくなったりするのでよくありません。 また、黒胡椒を吸い込むと、気道を塞いで肺の粘膜に刺激を与えるなどします。
  • 肌が乾燥する: 黒胡椒を大量に摂取すると、肌の乾燥が進みます。 乾燥した肌は水分を保つことができず、老化を早めたり、他の肌トラブルを引き起こす可能性があるため、よくありません。
  • 流産のリスクがある: 妊婦が過剰に摂取した場合、特に妊娠初期には流産のリスクが高まる可能性があります。
  • アレルギーをお持ちの方 黒胡椒が皮膚や目に触れると、人によっては皮膚の発疹や目の充血などのアレルギー反応を起こすことがあります。

その他、黒胡椒の過剰摂取に伴う副作用として、以下のようなものがあります:

  • 胃に灼熱感がある;
  • 目頭が熱くなる、熱くなる;
  • 消化不良や消化不良などの胃腸の不快感;
  • かゆみ、赤みなどの肌荒れ;
  • 流産のリスクや授乳困難など、妊娠中や授乳中の問題。

薬物相互作用

黒胡椒の摂取は、それらの有効成分の効果を増強またはカットする危険性があるため、以下に挙げる薬やサプリメントを服用している場合は、慎重に行う必要があります。

  • シクロスポリンは、臓器移植後や自己免疫疾患の治療に使用される薬です;
  • リチウムです;
  • ロバスタチン、ケトコナゾール、イトラコナゾール、フェキソフェナジン、トリアゾラムなど肝臓で代謝される薬剤;
  • エトポシド、パクリタキセル、ビンブラスチン、キニジン、ロペラミン、サキナビル、インジナビル、アンプレナビル、シメチジン、ベラパミル、コルチコステロイドなどの薬物;
  • フェニトイン
  • プロパノールです;
  • リファンピシン
  • テオフィリン
  • カルバマゼピン

肝臓がんリスク神話

によると、この Food and Drug Administration(食品医薬品局 ( エフディーエー この研究発表後、黒胡椒の摂取を控えるようになり、黒胡椒が肝臓癌を引き起こすという説が広まりました。

しかし、この研究は動物だけで行われ、純粋なサフロールを非常に濃縮して注射した動物にのみがんが観察されたため、この心配は根拠がない。 黒コショウにはサフロール以外にもいくつかの成分が含まれており、副作用を発生させるには法外な量を摂取する必要があることを覚えておくことが重要である。

パブリシティ後も継続

したがって、黒胡椒をスパイスとして適度に使い続け、その健康効果や、もちろんそのおいしい風味をすべて楽しむことが望まれます。

メリット

黒胡椒が上記のような副作用をもたらすのは、大げさに使用した場合のみであることを再度強調しておきますが、この胡椒の種の摂取に関連する多くの利点があることを覚えておくとよいでしょう。 そのうちのいくつかは次のとおりです:

1. 認知機能の向上

黒胡椒の摂取は、記憶力、集中力、学習などの認知機能を刺激し、脳の健康を改善します。

黒胡椒に含まれるピペリンには、記憶障害などの認知機能を低下させる効果があることが科学的な研究で明らかになっています。 これは、ピペリンによって化学経路が刺激されるためと考えられ、アルツハイマー病や認知症に関する症状の軽減にも役立つと考えられます。

2.免疫力の向上

黒胡椒の抗菌作用は、体内に存在するさまざまな微生物と戦うことを助け、免疫力を強化する効果もあります。

関連項目: ベンチで行うインクラインプッシュアップ~やり方とよくある失敗例

3.がんのリスクを低減する

黒胡椒には、フリーラジカルと闘い、細胞の損傷や癌などの病気の発症を防ぐ抗酸化物質が多く含まれています。 さらに、抗酸化物質は、早老や黄斑変性、さらには酸化ストレスによる記憶喪失を防ぐことができます。

4.炎症に効く

スパイスの抗炎症作用は、傷やケガによる炎症のほか、例えば、関節リウマチや酸逆流などの健康状態にも有効である。

また、抗酸化作用や抗炎症作用により、胃粘膜の病変や潰瘍のある人に黒胡椒を使用すると効果があるとの研究結果もあります。

5. 抗うつ作用

黒胡椒は、気分や食欲を調整するのに重要なホルモンであるセロトニンの分泌を助け、幸福感を促進し、うつ病や不安障害に関連する症状を和らげることが期待されます。

6.肌の健康

黒胡椒は、皮膚のしわやその他の不要なマークの出現を防ぐ抗酸化物質による効果に加え、白斑の治療にも有効であるようです。

白斑は、皮膚の特定の部分が自然な色素を失って白くなる皮膚病です。 ロンドンの研究者によると、コショウに含まれるピペリンの量は、メラノサイト色素の生産を刺激するのに役立ちます。 黒コショウの外用と紫外線療法を組み合わせると、さらに良い結果が得られます。

7. 消化がよくなる

黒胡椒を摂取すると、胃酸の分泌が促進され、消化プロセスがより効率的になります。 さらに、胡椒はガスの発生を防ぎ、発汗と排尿を促進します。 これらは、体内の毒素を除去し、毛穴をきれいにするために役立ちます。

もちろん、このように排尿や発汗が増えることで、常に十分な水分補給をすることが大切です。

8.体重減少

ペッパーに含まれる成分は、熱発生作用により、より多くの脂肪細胞を分解するのに役立ちます。

さらに、消化器系の改善により、この脂肪は尿として排出されやすくなり、あらゆるダイエットをサポートします。

黒胡椒の摂取は、代謝を促進するようです。 これは、全体として、栄養素を分解し、吸収する消化プロセスを改善するものであり、減量に関心を持つことができます。

9.咳やインフルエンザの緩和

大量に使用すると呼吸器系のトラブルの原因になりますが、ブラックペッパーは適度に使用すれば、咳やインフルエンザ、副鼻腔炎、鼻づまりなどのトラブルを解消する効果があります。

また、抗炎症作用により、喘息などの予防・治療にも役立ちます。

10.タバコの使用に対する取り組み

2013年に発表された研究では、ブラックペッパーオイルの香りを2分間吸引する前後で、喫煙する人の喫煙欲求の強さを調べました。 その結果、コショウはニコチン中毒に関わる欲求を軽減し、喫煙者の禁煙を助ける可能性があることがわかりました。

糖尿病や高血圧の予防と治療

関連項目: エゼチミブ:効能、副作用、禁忌について

2013年の研究によると、黒胡椒オイルは、2型糖尿病や高血圧などの病気のコントロールと予防に役立ちます。 これは、黒胡椒がデンプンをブドウ糖に分解する2つの酵素を自然に抑制できるためです。 これにより、血糖値を調整し、糖尿病患者に役立ちます。 血圧については、カプサイシンが存在するためです。は、動脈の血管拡張を助け、高血圧を改善します。

微生物に対抗する

黒胡椒の特性は、以下のような病気の原因となる微生物と戦うのに役立ちます。 エシェリヒア 大腸菌 この効果から、黒胡椒はフケなどの体内蔓延を抑制する効果も期待できます。

2010年に雑誌に掲載された論文 ニュートリション・トゥデイ は、黒胡椒に抗菌作用、抗酸化作用、抗炎症作用があることを示し、これらを組み合わせることで様々な種類の感染症に対抗することができます。

栄養の取り込み

また、黒胡椒を摂取することで、栄養素のバイオアベイラビリティが向上し、食べ物から摂取したビタミンやミネラルをより効果的に体内に吸収することができます。

研究によると、黒胡椒に含まれるピペリンは、ビタミンB群、β-カロテン、セレンなどの栄養素の吸収を良くする働きがあると言われています。

最終的な検討事項

黒胡椒は適度な使用であれば、健康に害を及ぼすことはありません。 それどころか、ブラジルで人気のある調味料のように、食事に味付けをするだけでなく、数え切れないほどの健康効果をもたらします。 ただ、過剰に摂取した場合には、黒胡椒は有害であると断言することができます。

唐辛子を購入する際は、生のまま挽くことができるホールシードを選ぶと、その特性を長く保つことができるほか、くしゃみや喉の炎症の原因となる粉塵を不用意に吸い込むなどの問題を回避することができます。

粉唐辛子も購入できますが、その特性が十分に発揮されるのは3ヶ月の保存期間であり、それ以降は鮮度が落ち、効果も一部失われます。

唐辛子は密閉容器に入れ、遮光して乾燥した場所で常温保存してください。 賞味期限を延ばしたい場合は、冷蔵庫で保存することも可能です。

唐辛子は、食前に料理にふりかけたり、スープや豆類、スープに味付けしたりと、さまざまなレシピに活用できます。 唐辛子はどんな料理にも合うので、想像力を働かせながら、バランスのとれた健康的な食事と合わせて適量を守りましょう。

動画:ブラックペッパーは体に悪いのか?

ブラックペッパーを使うのは好きですか? それなら、以下のビデオを見て、スパイスについてもっと知ってください!

動画:ブラックペッパーの効能

チップはお気に召しましたか?

出典とその他の参考文献:
  • //ndb.nal.usda.gov/ndb/foods/show/02030
  • //www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0031942297002021
  • //www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23768180
  • //www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0944711304000170?via%3Dihub
  • //www.webmd.com/vitamins/ai/ingredientmono-800/black-pepper-and-white-pepper

黒胡椒は食べ過ぎると害があると聞いたことがありますか? あなたは黒胡椒をどれくらいの頻度で、どれくらいの量摂取していますか? 下記にコメントをお願いします!

Rose Gardner

ローズ ガードナーは、認定フィットネス愛好家であり、健康とウェルネス業界で 10 年以上の経験を持つ情熱的な栄養学のスペシャリストです。彼女は、適切な栄養と定期的な運動の組み合わせを通じて、人々がフィットネスの目標を達成し、健康的なライフスタイルを維持できるよう支援することに人生を捧げてきた熱心なブロガーです。ローズのブログでは、個人に合わせたフィットネス プログラム、クリーンな食事、より健康的な生活を送るためのヒントに特に重点を置き、フィットネス、栄養、食事の世界について思慮深い洞察を提供しています。ローズはブログを通じて、読者が身体的および精神的な健康に対して前向きな姿勢を持ち、楽しくて持続可能な健康的なライフスタイルを受け入れるよう刺激し、動機づけることを目指しています。体重を減らしたり、筋肉を増強したり、単に全体的な健康と幸福を改善したい場合でも、ローズ ガードナーは、フィットネスと栄養に関するすべての頼りになる専門家です。